デイトレで時間を見てトレード

デイトレードではその日の値動きを見てトレードしていきますが、 その方法は多様に渡ります。

基本的なテクニカル分析を利用したテクニカル重視のトレードや ファンダメンタルを重視したトレードから時間を見てトレードする方法もあります。

あまり知られていない時間を見てトレードを少し説明すると、 時間を見てトレードするとは、動きやすいと考えている時間に 動く方向にトレードをする方法になります。

この方法では慣れるまでは大変ですが、 慣れてしまえば迷いなくトレードする事ができます。

ただし動いた方向にトレードする場合は大き目なストップを 設定する為にややロット数を減らす方がいいでしょう。 大きなロット数ではリスクが高すぎる為に失敗してしまいます。注意しましょう。

私がよく利用する時間が16時や0時等のロンドンが参加する時間などが効果的になっています。 東京時間でのトレードではロンドンが始まったと同時にそれまでの動きを否定するように動く事が多く、 せっかくの利益も無くなってしまうどころか損失まで出してしまう事になります。

そうならない為にもロンドンの動きだしを見てからトレードしましょう。

時間を見てトレードする場合の決済はロンドン時間のクローズに合わせてもいいのですが、 やはりトレンドが終わるまでを見ておいた方がいいでしょう。 トレンドが終わる前でもサポートを抜けない場合等は利確しても良いと思います。

リスクを減らし利益を増やしていくのは トレードの種類に問わず大切な事なのでしっかりとした利確とストップは決めておきましょう。