江戸時代から伝わるローソク足の見方 酒田五法とは

酒田五法と呼ばれる複数のローソク足を組み合わせて判断されるテクニカル分析手法があります。 このテクニカル手法の生まれは古く江戸時代から使われているとされています。 この手法を編み出したのが米の伝説的相場師、本間宗久氏です。

江戸時代、酒田五法を用いて巨万の富を築いたこの手法は現代の相場でも脈々と受け継がれ、 最も古く普遍的なテクニカル手法として現在のテクニカル手法の基礎となっています。

酒田五法には、三山、三川、三兵、三法、三空という5つがあります。

三山は、相場が下落に向かうといわれる前のローソク足の分析手法です。 どのように見るかというと複数のローソク足が三つの山を作っている状態を言います。 三つの山が確認されるということは、3回高値にチャレンジしたが高値を超えることができなかった。 ということでこれからは下落に向かうだろうと判断されます。今で言うヘッドアンドショルダーですね!

【酒田五法 三山】

酒田五法 三山


三川は、三山の逆パターンとなり、底値で三つの山を作っている状態を言います。 これから買いトレンドになるだろうと判断されます。

【酒田五法 三川】

酒田五法 三川


三兵は、同じ陽線、陰線が三回連続で続いたときです。底値圏で三回連続で陽線になった場合は、 これから上昇するだろうと判断される「赤三兵」と呼ばれ、逆に「黒三兵」は高値圏で陰線が3回続いた場合は、 これから下落するだろうと判断されます。 また陽線の場合はした髭が、陰線の場合は上髭が出てるとなお強いサインと見れます。

【酒田五法 三兵】

酒田五法 三兵


三法は、大きな流れで上昇相場のときに長い陽線が出たあと、 短い陰線と陽線が繰り返しでて、再び長い陽線がでる形です。 この形が出た場合は、相場の流れがひとまずザラ場になりその後上昇圧力が高まると判断できます。 短い陰線と陽線が繰り返しでている場合は様子見に徹する「休むも相場」状態です。

【酒田五法 三法】

酒田五法 三法


三空は、前の終値より飛んで(間が空いて)いてポンポンポンッと3回陽線が出ている場合です。よく言う窓明けです、 この場合は天井を打っている可能性が高く転換点となりますので、ひとまず売りと判断できます。

【酒田五法 三空】
三空ではないですが窓明け後に下落に転じるチャートです。

酒田五法 三空


酒田五法については、一度見方を覚えてしまい相場で使ってみるとすぐに身につきますので、 酒田五法を意識してローソク足を見てみましょう。上記チャートは全てユーロ/ドルの最近の日足チャートです。 これを見ましても酒田五法の的確を改めて認識させられましたね!