チャート分析の重要度

チャート分析を見るときに重要視するポイントがあると思います。 例えばどの順番でチャート分析を使用したら良いか?です。

まず最初にチャート分析で判断しなければならないのはトレンドであるということは間違いないでしょう。 トレンドを見ることが出来なければどの方向にポジションを持ったらよいか分からないということになります。

トレンドを見て取り引きをしないと全く逆の方向にポジションを持ってしまうということもあると思います。 このトレンドに関しては、チャート分析を利用しなくても現在の相場状況を見れば判断できるでしょう。 が、テクニカル分析でトレンド確認に私がよく使うのがMACDです。テクニカル分析で分かること!のページでも 紹介しましたが、MACDのゴールデンクロス・デットクロスからのトレンド転換の信頼性はかなり高いと思います。

次に見なければいけないのが、ボラティリティになります。 ボラティリティが低いときに取り引きをしてもわずかな利益しか得ることができませんので、 ボラティリティの高いときに取り引きをするようにしたいものです。ボラティリティを見るテクニカル分析で代表的なのが、 ATRやボラティリティー・レシオなどのオシレーター系です。

他には、これから取り引きが活発化されていくのか、収束していくのかということを見極めたいところです。 トレンドの発生する前の条件としてボラティリティが収束している状況というのが絶対的な条件となります。

次に見なければいけないのが、サポート(支持線)&レジストライン(抵抗線)です。 シグナルが発生したからと言って、サポート&レジスタンスラインでポジションを持ってしまっては、 反対方向の取り引き勢力に押されて含み損になってしまうということも良くありますので、 このサポート&レジストラインの確認はしておきたいものですね。 サポート(支持線)とレジストライン(抵抗線)を抜けると強いトレンドが発生する場合があります。 各取引通貨ペアのポイントとなる価格帯を「一目均衡表」、「移動平均線」、「ヒストリカルボラティリティ」 からあらわしたセントラル短資のこのターゲットポイントページは参考になりますよ! 以上のことを注意して取引をするようにすれば、FXの勝率アップにつながるようになるのではと思います。